TOP >  派遣のメリットとデメリット

派遣のメリットとデメリット

派遣のメリット
あなたに合った働き方ができます。
フルタイム勤務が難しい方、お子さんが小さく育児と仕事の両立が求められる方でも
「週3日以内」「土日休み」「日勤のみ」「扶養内」など、働く時間帯や曜日、残業の有無、勤務地、給与等、
ご希望に合わせてお仕事を選ぶことができるのが、派遣の大きな魅力です。

さまざまな職場を経験できます。
正社員では難しいですが、派遣なら様々な職場を経験することが可能です。
これまでのキャリアを生かし、さらにキャリアアップする為に別の施設でお仕事をしてみたいといったように、
あなたのご希望でキャリア設計できます。

また、未経験からのスタートで新しいお仕事へのチャレンジをすることも可能です。

正社員よりも時給が高いです。
基本的に派遣とは現場での即戦力として、スキルや経験を活かすお仕事です。
そのため、アルバイトやパートに比べて時給は高めに 設定される事が多いのが特徴です。
派遣は、勤務した時間でお給料が計算されますので、時給から月収や年収を想定することが可能です。
(例)時給2,200円で1日8時間、月に22日勤務する仕事の場合月収:2,200×8×22=387,200
年収:387,200×12ヶ月=4,646,400 ※ 残業を行えば、残業代も加算されます。

サービス残業がありません!
介護・医療の現場は、どうしても時間通りには終わりにくいものです。
派遣契約では、すべて時間契約になるため、サービス残業は一切ありません。
残業をした場合は、お給料に反映されますのでご安心ください。 (当社規定では15分単位)
但し、きちんと就業先の責任者様にご確認を頂いた上で残業をしてください。

専任のキャリアコンサルタントがあなたをフォローします。
お仕事紹介から就業終了まで専任のキャリアコンサルタントがあなたをサポート。
就業先での疑問や不安、困ったことなど何でもご相談ください。安心してご就業頂けるようフォロー体制に力を入れています。

派遣のデメリット

契約期間があるため、雇用が不安定
派遣でのお仕事は契約期間が決まっているため、あなたがそのままお仕事を続けたいと思っても、
派遣先の業績や景気変動などにより、契約期間を更新できない場合もあります。

収入が一定しない
派遣は時給制ですので、大型連休やお休みが多くなると月収がダウンします。
月々の収入にムラがあることを前提に、計画的な生活設計が求められます。

ボーナスが支給されないことが多い
派遣ではボーナスが支給されることはほとんどありません。
しかし、メリットで述べたように、派遣社員は時給が高めに設定されていることが多い為、
時給や残業時間などによっては正社員より月収が高くなる可能性もあります。

責任ある仕事をするチャンスが少ない
経験を積みスキルアップしても派遣スタッフは責任のある仕事や応用性のある仕事を任せられないことがあります。
また正社員と区別されたり、仕事範囲が狭く物足りないと感じる場合もあるようです。

このようなデメリットを踏まえた上で、自分の働くスタイルを考えていくと良いでしょう。