TOP >  おもな就業施設

おもな就業施設

介護老人福祉施設

身体上または精神上著しい障害がおるため常時の介護を必要とする者
(いわゆる寝たきり老人や認知症)であって、居宅において適切な介護を受けることが困難な高齢者の入所が多い施設です。
主に、日常生活上の世話や介護、機能訓練、健康管理を行います。

介護老人保険施設

病状が安定し、治療よりは、看護や介護が必要な高齢者が入所します。
主に医療法人が、医療的管理下での介護、機能訓練を行います。(回復後の退所が前提)

特定施設入所者生活介護(有料老人ホーム/ケアハウス)

有料老人ホーム等に入所し、生活全般の総合的なサービスを受けます。
相談員・看護職・介護職が、適正な人員基準で配置されます。

介護療養型医療施設

治療が終わり、長期療養を必要とする高齢者の方が入所します。
主に病院が、医療や看護、医学的管理下での介護、機能訓練を行います。

訪問介護

自宅で、生活援助、身体介護などのサービスを受けられます。
ホームヘルパー・介護福祉士・看護師などが1名で訪問します。

通所介護(デイサービス)

比較的軽度の要介護者が施設を訪問し、日帰りでサービスを受けます。
定員により相談員・看護職・介護職の必要人数が定められています。

短期入所生活(療養)介護(ショートステイ)

施設に短期間(数日~数週間)宿泊し、生活・療養等のサービスを受けます。
介護施設に併設されている場合が多く、施設内スタッフとして従事します。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症の要介護者が、共同生活を営む住宅で受けるサービスです。
最大9名での共同生活で、日中は常時3名以上の介護職が従事します。