おもな就業施設

介護老人福祉施設

介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、
看護・介護といったケアを提供する施設。
作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供する施設。

特別養護老人ホーム

社会福祉法人や地方公共団体が運営主体となっている公的な介護施設。
介護保険法のもとでは「介護老人福祉施設」とされており、病気や障がいなどによって在宅での生活が困難とされた高齢者が、
公的な介護サービスとして入居できる介護施設となっています。
「寝たきり」や「認知症状」が安定し、治療よりは、看護や介護が必要な高齢者が入所します。

有料老人ホーム

高齢者が暮らしやすいように配慮した「住まい」に、食事の提供、介護の提供、洗濯・掃除等の家事、
健康管理などの日常生活を送るうえで必要な「サービス」が付いた「住まい」です。
そのサービスは入居者の心身の状況に応じて、長い期間、広い範囲にわたって提供されます。
24時間体制で介護サービスを受けられ、レクリエーションや共用設備が充実しており、重度の介護状態でも住み続けられ、
医療ケアに対応している施設が多いのが特徴です。

ショートステイ(短期入所生活(療養)介護

数日間、専門施設に介護をお任せできるサービスで、短期入所生活介護とも言われ、
施設に短期間入所して日常生活の世話やレクリエーション、リハビリなどを受けられます。
在宅介護中の冠婚葬祭や旅行の時や、介護者の介護疲れを防ぐために利用される。
特別養護老人ホームを中心に、最近では有料老人ホームでも実施している施設もあります。

サービス付高齢者住宅

主に民間事業者などによって運営され、都道府県単位で認可・登録された、一般的な賃貸住宅よりも高齢者が住みやすく、
借りやすい賃貸住宅です。
サ高住・サ付きとも呼ばれています。
また利用権方式ではなく賃貸借方式で契約する施設が多いので、多額の入居金を必要とせず、「入居者の居住の権利」が確保しやすいという点も挙げられます。 他の介護施設と比較して、住み慣れた地域に住み続けやすくなるというメリットもあります。
提供されるサービスは、「安否確認」と「生活相談」で、主に食事の提供や、入浴場所の提供に限られます。

デイサービス(通所介護

日帰りで専門施設に短時間介護を依頼できるサービスで、主に在宅で介護を受けている高齢者が通って利用するサービス。
送迎付きで食事や入浴、レクリエーションなどを受けられます。
身体を動かすことや、仲間ができる社交の場を提供しすることで気分のリフレッシュを図り、閉じこもりを防止、孤独の解消や、
ストレスの軽減、精神面での維持向上を図ります。
一定期間介護が必要な高齢者を預かってくれるという点で、毎日介護を行っている家族の負担軽減も大きな役割となっています。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症(痴呆症)の症状を持ち、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら
1ユニット(5~9人)で共同生活する介護福祉施設です。
特に介護関連の場合、認知症高齢者のための住まいとして「認知症対応型老人共同生活援助事業」と呼ばれ、家庭に近い環境で、
入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら、自立した生活を送ります。

認知症にかかっている高齢者が入居を検討する施設としては、最初に名前が上がってくるものでもあります。

訪問介護(ホームヘルプ)

訪問介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)をします。
通院などを目的とした乗車・移送・降車の介助サービスを提供する事業所もあります。

お仕事検索
ドクターお仕事検索
スタッフ登録
お仕事一覧

企業情報

お仕事について

登録をご検討の方へ

ケアマスター

訪問看護

法人向け

会員向け