介護職員スキルアップ研修

研修会場

介護老人保健施設 玉川すばる 5階
研修当日は、玉川すばる正面入口から入館し、エレベーターで5階へ直接お越しください。
東京都世田谷区瀬田4-1-14
東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅から徒歩約10分。

研修時間

研修時間  各日ともに18時~20時。

● 各研修ともに、座席数は45~90席と限られております。
● 研修費は、無料です。
※なお、研修参加者には、研修費用として 3,000円/1回 (4回/年間)を支給いたします。
● 参加申し込み、空席情報等については、お電話でお早めにお問い合わせください。

研修日程  研修テーマ
 8月18日
(金)
空席有
 事故対応と再発防止
目標:利用者の重大な事故や軽微な事故を防ぐためにヒヤリハットの理解と扱い方を事例を通して理解する
ことを目標とする。ヒヤリハットから再発防止の取り組みを行い事故を未然に防ぐことで安心かつ安全な利用を
提供できることが期待される。
主な内容: ・ヒヤリハットと事故の違い  ・ハインリッヒの法則   ・ヒヤリハット報告の書き方
・事例から見るヒヤリハット  ・ヒヤリハットと業務改善

9月15日
(金)
空席有 

 介護保険制度
目標:介護保険法及び関係法令を実践的に理解することを目標とする。
日々のサービス提供に理論的な根拠を付加することで、適正なサービスが担保され、
地域における事業評価につながることが期待できる。
主な内容: ・介護保険法 ※運営基準  ・老人福祉法  ・生活保護法 等

10月20日
(金)
空席有

感染症の予防と対策
目標:感染症の種類と予防法を理解し、介護現場において正しい感染症対策が行えることを目標とする。
介護者が感染症に対する知識や予防法を正しく理解することで利用者・介護者がともに感染の被害を回避する
ことが期待できる。
主な内容: ・感染のしくみ  ・感染症の種類  ・予防接種  ・標準予防策(スタンダード・プリコーション)

11月17日
(金)
空席有

楽しい食事介助の知識と技術
目標:健康を維持するための食事を社会的、文化的な意味合いを理解し、安全に食事が出来るための
援助方法の習得を目標とする。
利用者が「楽しい・美味しい」と感じつつ、自分らしい満足のいく食事が出来ることが期待される。
主な内容: ・食事の意義  ・摂食・嚥下のプロセス  ・高齢者の身体的変化と食事への影響
・食べやすく安全な食事  ・おいしく楽しい食事にするための留意点
・食事介助におけるアセスメント ~ICFの考え方に基づく利用者の観察~
・食事介助の実際

12月15日
(金)
空席有

介助技術~負担の少ない介助法~
目標:介護者及び被介護者ともに、負担の少ない介護技術を習得する。
身体的負担の大きい移動・移乗の動作について、安全・安楽・安心に行える技術を習得し、
利用者のADL・QOL向上に向けた支援の幅を広げることが期待できる。
主な内容: ・移動・移乗動作と関係する身体のしくみ  ・一部介助の技術
・全介助の技術              ・移動・移乗の技術と福祉用具

2018年
1月19日
(金)
空席有

疾病・障害の知識とケア
目標:高齢者のかかりやすい疾病を疾病別に特徴や障害について理解し、疾病別に合わせた適切な介助方法を
理解することを目評とする。
介護職員が個々患っている疾病を理解しサービスを提供することで、利用者への安心や予防、
改善につながることが期待される。
主な内容: ・パーキンソン病について  ・糖尿病について  ・脳血管疾患について  ・心疾患について

2月16日
(金)
空席有

緊急時対応の基本
目標:介護現場における緊急時の対応やリスクマネジメント体制を構築することの重要性を理解することを
目標とする。
発生したリスクに対して適切な対処行動がとれるようになり、
利用者への緊急時のリスクを軽減できることが期待される。
主な内容: ・緊急対応の基礎知識  ・リスクマネジメント  ・緊急時の対応方法
・疾患に対する緊急対応  ・緊急時の対応演習

3月16日
(金)
空席有

高齢者に多い疾患の理解
目標:高齢者の身体特性や多くみられる疾患を学び、日々の観察視点を深めることを目標とする。
高齢者に多い身体変化や疾患を幅広く理解することで、
利用者の状態変化や他職種との連携のポイントを理解することが期待できる。
主な内容: ・高齢者の心身の特性と対応の基本  ・老年期症候群  ・生活不活発病   ・高齢に多い疾患

 

お仕事検索
ドクターお仕事検索
スタッフ登録
お仕事一覧

企業情報

お仕事について

登録をご検討の方へ

ケアマスター

訪問看護

法人向け

会員向け